Read in ENGLISH

中古車輸出に特化したホームページ

[:ja]

中古車輸出業をはじめようと決断したとき、まずは中古車輸出業の実務講座を受講しなければ始められないと思ってはいませんか。実は、中古車輸出業の実務講座を受講しなくても、ご自身の中古車輸出に特化したホームページをお持ちになるだけでも、中古車輸出をスタートさせることはできるのです。

当サイトでは、中古車輸出に進出したい車屋さんや企業法人、個人の方の中古車輸出に特化したホームページの制作を承っています。

しかし、それでは中古車輸出業の実務講座を受講する人が、いなくなってしまうのでは?と思われる方もいるかもしれません。

当社のことを考えて、そう思ってもらえるのは有難いことですが、この中古車輸出に特化したホームページをお持ちになるだけで、中古車輸出を始められるというのもまた事実なのです。
と言うのも、たとえ中古車輸出の仕組みがよくわからなくても、たとえ中古車輸出の方法がよくわからなくても、中古車輸出に特化したホームページを持つことで中古車輸出をスタートさせることはできてしまうのです。
つまり実質、中古車輸出業になれるのです。

中古車輸出業の実務講座を運営する当社ですら、そのことに初めて気づいたときには大きなショックを受けたほどでした。

例えば、あなたが中古車輸出業の実務講座を受講して豊富な教材セット一式がお手元に届いたとします。その教材の内容を完璧に読破したとします。

それは、あなたが知識として中古車輸出のノウハウを知ったということです。

あなたが、中古車輸出業の実務講座を受講して、その内容を知ったということは、中古車輸出業としてのノウハウを知ったということです(もちろん、同講座には実務的な部分も多く含まれてはいますが)。いわば同講座がノウハウ中心ならば、中古車輸出に特化したホームページは中古車輸出業を具体的にはじめるためのツール中心なのです。

申し遅れました。
私は横浜貿易株式会社の代表であり、
中古車輸出業の実務講座を開発した、三橋宣男と申します。


冒頭の中古車輸出業の実務講座とは、私が開発した、我が国唯一の、これから中古車輸出業をはじめる方のための中古車輸出業の指南書のことです。

中古車輸出業の実務講座

冒頭の「中古車輸出業の実務講座」は、これから中古車輸出業をはじめようという受講生の方々に、わかりやすい教材(書式、ビデオなど)、中古車輸出に関する豊富な専門書それに実際に中古車輸出する際に必要となる輸出書類、テンプレート一式などをお届けし、自宅で学んで頂ける通信教育スタイルの教材になります。

日本で唯一の中古車輸出を教える通信教育講座である
『中古車輸出業の実務講座』
は、開講25年!これまでの受講生実績1,000名以上!を誇っている驚異の通信教材です。
そのほとんどの受講生が受講と同時にマイ・ホームページ(中古車輸出に特化したホームページ)を持ってスタートしていきました!

受講生が学習を進めていく中で、よくわからないことがあった場合には、中古車輸出経験が豊富なサポート講師陣(*注)が電話による徹底サポートをしています。

「中古車輸出業の実務講座を受講すると、わかりやすい教材と中古車輸出の専門書。
中古車輸出経験が豊富な講師陣による電話、メールの徹底サポート。

さらにFacebookページと海外バイヤー情報6ヶ月間の閲覧権限付き、これで殆どの方々は、中古車輸出業をはじめられる。
ことになります。

中古車輸出業の実務講座が、中古車輸出業のノウハウ中心であるのならば、中古車輸出に特化したホームページは、中古車輸出業の実質的ツールが中心のものになります。

例えば、あなたが新しい家電製品を購入したとします。あなたはまず徹底的に取説マニュアルを読む人ですか、それともいきなり買ってきた製品を操作してみて、操作方法がわからないところだけ取説マニュアルで確認する人でしょうか。もし、あなたが後者ならばマニュアル(ノウハウ)よりもツールからスタートされる方が向いているでしょう。

中古車輸出業のことがよくわかる無料カタログ資料を、本サイトにログインされた方(ログイン無料)に無償で公開しています。

※中古車輸出業のスタートを検討中の方は、まずは無料カタログ資料をご覧ください。(→ログインして無料カタログ資料を閲覧する。)

これから中古車輸出業をはじめられる方だけに限らず、最近では既に日本国内で中古車販売店を営んでいる方にまでも中古車輸出業への業務拡大は人気になっています。

中古車輸出に特化したホームページ

中古車輸出実績20年以上の横浜貿易株式会社が、御社の中古車輸出用ホームページを制作いたします。中古車輸出に特化したホームページは、海外への中古車輸出、国内への中古車販売にもっとも最適なホームページです。
※お申込多数の場合、先着順で順番に制作いたします。

中古車輸出に特化したホームページは、いわゆる中古車輸出業者向けに海外バイヤー用に英文ホームページと、国内バイヤー及び国内取引先用に和文ホームページを制作するサービスになります
と言うのは、もちろん中古車輸出ですから日本の中古車の販売先である海外バイヤー向けに英文ホームページを制作しますが、国内の仕入れ先、取引先さらには国内バイヤー向けにも、御社(あなた)のことを案内する和文ホームページも必要になります

いわば英文、和文の中古車輸出に特化したホームページを制作するのが本サービスなのです。それにより日本の中古車がほしい海外バイヤーはもちろん、輸出する中古車の仕入先や取引先、中古車がほしい日本人の国内バイヤーにも、あなたを中古車輸出者として案内できます。

WordPress版中古車輸出に特化したホームページのデモサンプルサイトをご用意しましたので、まずはご覧になって、ご自身の眼で体験されてみてください。

中古車輸出に特化したホームページ デモサイト絶賛公開中!
http://usedcarwebdemo.ytrd.net/

ご承知のように近年、日本の自動車に対する世界での評価は年々上昇しています。
日本の自動車は、中古になってもぜんぜん壊れない、丈夫な自動車だと日本人ユーザーはもちろん世界各国のユーザーからも高く評価されています。

これからの中古車販売は、海外ユーザーのみ(国内ユーザーのみ)と、どちらか片方のみに限定してしまうのはせっかく多く存在する顧客を限定してしまうことになってしまいます。
今やビジネスの世界は完全グローバル化!国内、海外に関係なく中古車を販売していくのが常識になりつつあります。

あなたはご存知でしたか?
今は、日本の中古車の需要は、国内よりも海外のほうがはるかに多くの需要があるのです。日本製の自動車は、海外で絶大な人気があります。それは新車ばかりではありません。日本の自動車ユーザーは、売るときのことも考えて比較的丁寧に乗ります。状態の良い国産中古車は、また海外バイヤーに絶大な人気があるのです。

世界じゅうどこかの国は好景気!
販売先は世界。仕入先も潤沢。例えば自動車買取店、ある一定年数の経った自動車を国内ユーザーから仕入れて、海外ユーザーに販売しましょう。例えば自動車販売店、国内ユーザーに新モデルの車種を購入してもらうために、現車を下取りして海外ユーザーに直接販売しましょう。こんな長期安定ビジネスを自動車関連業者だけに独占させておくなんてもったいないとご検討中の異業種参入者。個人起業で世界を舞台に活躍したい国内在住者、海外在住者。などなど、どなたでも中古車輸出に特化したホームページをお持ちになれば、比較的簡単にはじめられる長期安定ビジネスです。

中古車輸出をはじめるからといって、今まで築いてきた国内販売まで「もう国内バイヤーは知らない」とあきらめてしまうことはありません。「私は海外バイヤー担当だけど」「国内バイヤーにも販売する」と限定せずに海外バイヤー、国内バイヤーに関わらず、どちらのバイヤーでもチャンスがあれば中古車を販売していくという臨機応変なスタイルが宜しいのではないでしょうか。

当社の「中古車輸出に特化したホームページ制作」ならば、英文も和文も両方セットで制作します。そのどちらにも対応できるホームページ作りこそ中古車輸出に特化したホームページの得意分野なのです。「中古車輸出に特化したホームページ」がスタートして15年ぐらいになりますが、これまでの「中古車輸出に特化したホームページ」から機能一新!大幅グレードアップ!して世界標準グローバルスタンダードのWEBシステム「WordPress」に完全対応しました!これにより、制作後の、あなたのホームページ運用作業が驚くほどに簡単に出来るようになりました。仕入れた車に応じて国内・海外どちらにも上手にご対応し、ビジネスの幅を広げていってください。

一般のホームページ制作会社に依頼すると「英語サイトは制作費用が倍になります」「完成後のサイト管理費用は別途掛かります」など掛かってしまう金額が意外に多いです。しかし、中古車輸出実績20年以上の横浜貿易株式会社の中古車輸出に特化したホームページならば制作時だけでなく後々の運用のことまでしっかり考えて承っています。
冒頭にお話した講座を受講しなくてもホームページをお持ちになることで・・とは、この中古車輸出に特化したホームページには、単にホームページを制作するだけではなく、中古車輸出業をはじめるための豊富なサービス、運営管理のことまでしっかり含まれているということです。主な中古車輸出に特化したホームページの内容を下記に列挙しておきます。

《さらに、そのほかの充実の主な標準機能》

  • 御社だけのオリジナルデザインで制作
  • 海外バイヤー用に英文ホームページを制作
  • 国内取引業者、国内ユーザ向けに和文ホームページを制作
  • 英文、和文ホームページをセットで提供
  • 世界標準のWordpressシステムを利用して制作する
  • それにより、自身でのホームページ運用が容易になる
  • かんたん車輌登録
  • 《豊富な在庫車輌リスト》
  • 在庫車輌(実在庫、架空在庫含む)の掲載が容易
  • 登録台数ほぼ無制限
  • 掲載車輌一台につき40枚の写真を標準で掲載可能
  • ご希望により一台当たりの掲載写真数の増減が可能
  • 車輌は英文サイトに掲載することで和文サイトにも同時掲載可能
  • かんたんに在庫車輌を管理
  • 全ての車輌の掲載内容は、自身の手で追加、編集、削除が可能
  • 会社概要、取引方法、よくある質問など中古車輸出に必要ページを網羅
  • はじめに海外バイヤーとの取引方法を明確に
  • 海外バイヤーとの取引方法、会社概要などのページを標準で実装
  • 会社概要などその他のページの内容も自身の手で編集、変更可能
  • 《バイヤーからのレスポンス》
  • 海外バイヤーからのクイックレスポンス
  • お問合せフォームを随所に設置、海外バイヤーの要望にすぐ対応
  • 海外バイヤー、国内バイヤーからのお問合わせを逃しません
  • 全ページに記載中の文章、文字のほぼ90%ぐらいは、後からご自身の手でも簡単に文章の編集、変更可能
  • 会社所在地を引っ越したなど住所が変わった際も、後からホームページの内容を自身の手で簡単に変更できるから余計な経費を節約
  • どうしても変更できない箇所については、当社にて実費のみで変更いたします
  • Twitter、Facebookなど各SNSとの連携も可能
  • 御社の新着情報を常に追記できる
  • 新着情報を代表、担当者などのブログとしての利用も可能
  • 《別途オプション》
  • 各車種に応じて、各国、各港フレイト(船賃)の自動見積機能(50,000円+消費税)
  • 世界標準のWordpressシステムを利用しているから、さらにご自身でもカスタマイズが可能

《これだけ全て揃って》
中古車輸出に特化したホームページの制作料金は280,000円+消費税だけ!便利なオプションのフレイト船賃計算機能だって50,000円+消費税で付けられる。これで御社のホームページが完成してしまうのです!
しかも完成したホームページの運用、メンテはご自身で出来てしまうから、その後の運用費、月々の利用料がほぼ不要!

あとは、御社ホームページを公開するためのサーバとドメインだけご用意ください。

たとえば、こちらのドメイン、サーバ会社が費用も安く安定し使いやすいかと思います。
(左:ドメイン会社・右二つはサーバ会社)


※ドメインとはwww.ytrd.netのようなネット上の住所のようなものを取得するところです。
※サーバとは制作したホームページを保存しておくところです。
※御社のドメイン、サーバをお知らせ頂ければ当社でホームページの設置いたします。

中古車輸出に特化したホームページには、まだまだ、あなたのアイデア次第で拡張性が無限大に広がります。

  • 中古車輸出業に特化したホームページ制作: 280,000円+消費税
    +海外バイヤー情報3ヶ月分が付きます: 317,000円+消費税
    +海外バイヤー情報6ヶ月分が付きます: 326,000円+消費税
    +中古車輸出業の実務講座(講座に海外バイヤー情報6ヶ月分付属): 550,000円+消費税
  • プラン:




言われた通りに英文・和文のホームページを作ったのは良いけれど、
輸出のやり方がわからない。

「中古車輸出に特化したホームページ制作」を申し込まれた方、ご希望者全員の方には、お申込時に当社関連サービス「中古車輸出業の実務講座」専属講師が書いた かんたんな中古車輸出方法の流れ&中古車輸出書式テンプレート一式を差し上げています。
はじめのうちは、こちらの書類を参考に中古車を輸出されるほうが宜しいかもしれません。

これで出来上がったばかりのあなたの中古車輸出に特化したホームページ経由にて、海外バイヤーから中古車の注文が届いたとしても一安心ですね。
さらにオプションで海外の顧客を多数紹介するサービス(海外バイヤー情報)もご用意しています。

「中古車輸出業の実務講座」専属講師が書いた かんたんな中古車輸出方法の流れ&中古車輸出書式テンプレート一式だけでも、中古車輸出に特化したホームページをお持ちになった御社ならば十分に中古車輸出ができるはずです。

はずですが、

さらに基礎的な部分からしっかり中古車輸出を学んでおきたいというあなたには、当社関連サービス「中古車輸出業の実務講座」も同時に受講されることをおすすめします。

中古車輸出に特化したホームページと
中古車輸出業の実務講座を同時に申し込むプラン
(プロフェッショナルパックプラン)
だと、それぞれのサービスを別々に申し込むより3万円もお得です。
しかも海外バイヤー情報だって6ヶ月分付いています。

【文中注】
さらに、中古車輸出の方法についても基礎的なことから順番に学びたいという方には、中古車輸出業の実務講座も同時に申し込まれることをお奨めしてしまいましたが、基本、中古車輸出に特化したホームページのみ、もしくは中古車輸出に特化したホームページ+海外バイヤー情報で申し込まれるのでも大丈夫かと思います。

はじめは、中古車輸出に特化したホームページと当社講座専属講師のかんたんな輸出マニュアルのみで
中古車輸出されて、その後どうしてもわからない箇所があるなどの場合のみ、後日追加で中古車輸出業の実務講座を受講されるのでも遅くはないとは思います。

※但し、同時申込ではなくなりますので3万円の割引は対象外になります。

中古車輸出をはじめるならまずは、下記の中古車輸出業の生い立ち中古車輸出業の流れまでをご覧になって、今ご自身のいるSTEPからひとつずつ順番に計画的に先へ進めていきましょう。
本格的な国際ビジネスだからと恐れることはありません。大丈夫です、一歩ずつ進んでいけば、決して難しい専門知識など必要としない、どなたにも出来るわかりやすいビジネスです。

世界各国の海外バイヤーを相手に中古車輸出に特化したホームページ(*注)と共に、どうぞ安心して中古車輸出業に乗り出してください。

中古車輸出業のことがよくわかる無料カタログ資料を、本サイトにログインされた方(ログイン無料)に無償で公開しています。

※中古車輸出業のスタートを検討中の方は、まずは無料カタログ資料をご覧ください。(→ログインして無料カタログ資料を閲覧する。)

【ちょっと休憩】よ も や ま 話

そろそろ御社も「中古車輸出に特化したホームページ」を持ちませんか?

ある中古車輸出業の実務講座の受講生が言っていました。

「講座のおまけに付いていたFacebookページを作ってもらったけど、仕事になりそうな海外バイヤーがFacebookページにぜんぜん来てくれないな。」

ある老舗中古車販売店の店主が言っていました。

「大手企業が運営する中古車販売店が集まった登録サイトに登録したけど、仕事として成りたちそうなバイヤーがぜんぜん来てくれないな。」

それはですね…

Facebookページは、
あくまでFacebook社の一部機能を使わせてもらっている
だけのものです。営業的に過度な期待は持たれないほうが宜しいです。

大手企業の中古車屋がいっぱい集まったサイトは、
御社の車とライバル店の車が並列に並んでしまいますから、
顧客はライバル店でいい車を見つけるとすぐにそちらへ行ってしまいます。

やはり、本気で中古車輸出業に取り組みたいのならば、
御社だけのマイオリジナルホームページをお持ちになった方が良さそうです。

Facebookページは、無料で一部機能を使わせてもらっているだけですからね。

大手の中古車サイト、大手企業が運営している全国の中古車屋さんが一同に揃ったサイト。
中には、中古車輸出専門で全国の中古車屋さんを集めているサイトよくありますね。

みなアレに登録しているのだから、
うちの会社もアレに登録すればいいや。なんて思っていませんか?
アレに登録すれば、アレの中に自社ホームページらしきものが完成するし、
と満足してしまったりしていませんか。

そういうサイトは、
御社の車とライバル店の車が並列に並んで表示されているから、
顧客はライバル店でいい車を見つけるとすぐに浮気してそちらへ行ってしまいます。
マイ・ホームページはアレとは全く違います。
御社だけのマイオリジナルホームページを是非お持ちください。

御社だけの独自ドメイン!

御社だけの専用のホームページ!

アレは、アレの運営会社への月々、年間の利用料がとっても高額。
アレの年間利用料が、御社の売れた車に掛かってくるから、すごく低利益の車に。

マイ・ホームページのランニングコストは、ほぼ毎月のサーバレンタル代のみ

日本の中古車には、職人根性が生み出した、
ねじ一本、ビス一本に、魂を込めたモノづくりの真髄が、息づいています。

世界のどの車にも負けることはありません。

日本国内の好不況に左右されない、
国際的なビジネスを目指してみる気はありませんか?

私が元気なうちは、全力でお手伝いいたします。

中古車輸出業のことがよくわかる無料カタログ資料を、本サイトにログインされた方(ログイン無料)に無償で公開しています。

※中古車輸出業のスタートを検討中の方は、まずは無料カタログ資料をご覧ください。(→ログインして無料カタログ資料を閲覧する。)

それでは、日本においてこの中古車輸出業が盛んになってきた「中古車輸出業」の生い立ち(経緯)についてお話しましょう。

中古車輸出業の生い立ち

日本での「中古車輸出業」は、世界で日本で生産された自動車の質の良さが認められ、新車は買えないけれども、中古車でも良いから日本の自動車がほしいという海外のニーズが高まったことによってスタートしました。横浜貿易株式会社では、世界で日本の自動車の評判が高まりだした早い時期から日本の中古車の世界でのニーズに着目し、だいたい1990年頃から本格的にスタートしました。

平成7年(1995年)、貿易管理令の改正によって輸出に対する規制が大幅に緩和されました。中古車輸出の業務が簡略化された結果、誰にでも簡単に中古車を輸出することが可能になりました。それを機会に中古車輸出業者が激増しました。増えたことによるメリットもあったのですが、逆に競争の激化を招くと共に、盗難車の違法輸出、改造車の輸出などなど不正な中古車輸出も増加してしまいました。これらの違法行為、不正な中古車輸出を防止することが中古車輸出業界全体にとって急務になりました。
こうして初期から中古車輸出業を行っていた横浜貿易株式会社を含む数社で「日本中古車輸出連合会」(現・日本中古車輸出業協同組合)を平成7年9月14日に発足しました。

この日本中古車輸出連合会は、後に通商産業大臣の認可を受け平成9年6月1日、法人格を有する日本中古車輸出業協同組合として設立されました。
協同組合設立の目的は、組合員の協力のもとに相互に情報を交換し、中古車輸出業界の秩序を構築、中古車輸出の健全な発展に尽くすとともに、組合員のために必要な共同事業を行い、組合員の経済的活動を促進し、その社会的及び経済的地位の向上を図るものでありました。

その後、中古車の需要は日本車の優れた品質と適正な価格を背景に、経済的基盤を確立して行く世界の国々の中でますます増加していきました。

このような状況の中で、来るべき新しい時代に対応できる中古車輸出業者の育成として「中古車輸出業の実務講座」を開講しました。より有利な市場開拓、輸出商品の確保、輸送の合理化を図り、日本の中古車の経済的基盤の確立を図るとともに、行政の支援を得て、世界の中古車輸入国の政府及び団体との連携を強くし、中古車輸出の秩序の確立と発展に尽くすことにより、世界の健全な中古車市場の確立を目指しています。

中古車輸出業界は
2008年リーマンショック
2011年福島第2原発震災被害
また円の大幅急騰による輸出の大幅減などを経験し大きな困難にも遭いましたが
日本の中古車輸出台数は、2012年100万台を越え、2013年には更に120万台に迫り、さらに年々その数を伸ばし続けています。

日本中古車輸出業協同組合の協力のもと、盗難車や違法な改造車等の不正取引を防止し、中古車の輸出秩序の確立を図り、中古車輸出の健全な発展を目指していきたいと考えています。
海外バイヤー情報サイトにより、中古車輸出業の密接な情報交換を図り、より有利な市場開拓、輸出商品の確保、輸送の合理化を促進し、受講生相互の発展と健全な中古車の流通に寄与することを目的としています。

各国の輸入組合、政府機関と連絡を取り、良質な車両が適正な価格で輸出されることを目指し、また関係国の法令が変化した時には、どこよりも早く受講生に情報提供が出来る体制を組むことに勤めています。

あなたにも、ぜひ、この後に続いて頂き日本の中古車輸出業に携わり、この業界の第一人者として活躍されて頂きたいと切に願っています。

中古車輸出業のことがよくわかる無料カタログ資料を、本サイトにログインされた方(ログイン無料)に無償で公開しています。

※中古車輸出業のスタートを検討中の方は、まずは無料カタログ資料をご覧ください。(→ログインして無料カタログ資料を閲覧する。)

さてここで、あなたがこれから始められる中古車輸出業の流れについてご説明しましょう。

中古車輸出業の流れ

中古車輸出業とは、日本に在する中古車を海外バイヤーに販売、輸出して現地まで届けてあげる業務のことです。
海外バイヤーには、現地の中古車輸入業者貿易業者中古車販売業者から個人商店の配達車や一般の個人ユーザーの自家用車まで実に様々な海外バイヤーがいます。中古車の輸入業者などは、常にリピートで購入してくれる可能性がある反面、利益率は低かったりします。一方、個人のエンドユーザーは、業者に比べると比較的高値で購入してもらえる反面、リピート率は業者に比べ低くなります。個人のエンドユーザーでも友人知人を紹介してもらえる場合もあります。
まずは、あなたの顧客になってくれるそうな海外バイヤーを探すことから始まります。

まったくの新規で海外バイヤーを取るのって大変そうですよね。
ましてや、海外バイヤーは日本語でなく英語でコミュニケーションしなければなりません。

だから、当社では「中古車の海外バイヤー情報サイト」を、あなたのためにご用意しています。

  • まずは上記の海外バイヤー情報サイトを覗いてみてください。ログインしなければ実際の海外バイヤーをご覧になることはできませんが、どんな海外バイヤーが来ているのか見るだけでも参考になるのではないでしょうか。
  • あなたが中古車輸出に特化したホームページの制作と一緒に、海外バイヤー情報(3ヶ月コース・6ヶ月コースがあります)にも申し込んだとします。そうすると海外バイヤー情報へのログインアカウントがもらえます。そのログインアカウントを使ってログインして、それぞれの海外バイヤーたちにメールで連絡します。
  • その海外バイヤーとの連絡の際に、中古車輸出に特化したホームページがあると海外バイヤーとの商談が格段に進めやすくなるのです。
  • 海外バイヤー情報をご覧になることで、最近の海外バイヤーにとっての車のトレンドがわかります。そうしたら、あなたの中古車輸出に特化したホームページに、そのトレンドの車を掲載することで、あなたのホームページにアクセスが集まってきます。
  • 集まってきた海外バイヤーとさらに、車の商談を進めます。
  • やがて、車の商談が成立し、その海外バイヤーからあなたの銀行口座に車の代金が入金されました。
  • おめでとうございます!あなたの中古車輸出業としての最初の受注ですね。
  • 入金確認できたことを海外バイヤーに知らせてあげて、海外バイヤーとの希望の車探しに移りましょう。
  • まずは、あなたが入会したばかりの中古車インターネットオークションにログインします。
  • 確かに中古車オークション会場に入会するには、審査が厳しく中古車業者としての一定の実績などがないと入会できません。当社では、比較的入会のしやすい中古車インターネットオークションの入会を推奨しています(ご興味のある方は、こちらの中古車インターネットオークションのページより入会資料をご請求ください)。
  • ただいま当社経由で中古車インターネットオークションに入会完了した方に20,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。合わせてご検討ください。
  • ログインすると、中古車インターネットオークションに出品されているたくさんの車をご覧になることができます。
  • その中から海外バイヤーが希望されていた車を絞り込みます。
  • 海外バイヤーの希望の車(状態、価格など)と一致する車が見つかったら、海外バイヤーにその車の情報をメールでお知らせします。念のため2~3台ピックアップしておきましょう。
  • 海外バイヤーは、あなたから教えてもらった車の情報、写真などを見比べて一番好きな車を選びます。
  • 海外バイヤーがほしい車が決まったら、あなたが海外バイヤーに代わって中古車インターネットオークションにログインして入札、落札してあげます。
  • くれぐれも入札の際は、海外バイヤーから入金のあった金額、全額を使って落札したりしないでください。落札後、その車を輸出する際などに必要な船賃などの輸出費用は予め計算して取っておいてください。
  • もちろん落札金額が高かったりすると、あなたが落札できないこともあります。
  • 初めての入札だと、最初の2、3回は落札できずに取り逃してしまうこともあるでしょう。何回か繰り返すうちに、だんだんコツが掴めてきて落札できるようになってきます。
  • どうしても周りの落札金額が高く落札できない場合などは、海外バイヤーに予算を上げてもらえるよう交渉しなければならないこともあるかもしれません。
  • 何回かの試行錯誤の末、あなたは無事、海外バイヤーの希望する車を入手することができました。
  • さあ、いよいよ中古車の輸出作業に移ります。
  • まずは港から船に載せて相手先の国に輸送するため、中古車オークション会場から港まで陸送します。なにも、あなた自身が陸送しなくても陸送会社を手配して港まで運んでもらえば良いのです。
  • あなたが落札した車が港に到着しました。
  • 続いて、相手先、海外バイヤーの国まで運んでくれる船のスケジュールを確認します。ちょうど良いスケジュールの船が見つかったら、空き状況を確認して船の予約をします。
  • この中古車の輸出手続きがけっこう複雑で、初めて中古車輸出される方にとっては難しいようですが、「中古車輸出業の実務講座*」の教材に順を追って記載されていますし、同講座サポート講師陣にひとつずつ確認しながら輸出を進められますので、ご心配は無用です。
  • 同講座を受講せずに、中古車輸出に特化したホームページのみをお申込み頂いた方には、お申込み時に「中古車輸出の簡単な流れ」と「輸出時に必要な書類一式」を差し上げていますので、そちらを参考に順を追って中古車輸出して頂けます。
  • さあ、車は無事に船に載せられて、相手先の海外バイヤーの国に向けて出航していきました。
  • 船会社からあなたの元にB/L(船荷証券)が3部送られてきました。
  • B/L(船荷証券)は、とても重要な書類です。1部は相手の海外バイヤーに航空便で郵送してあげてください。残りは何かの時に、あなたご自身で大切に保管しておきましょう。
  • 相手の海外バイヤーは、あなたから航空便で届いたB/L(船荷証券)を持って船が到着する港まで行き、そこでB/L(船荷証券)と交換で車を受け取り通関を済ませます。
  • 通関が終わりますと、あなたが購入してあげた車は正式に海外バイヤーの手元に届けられました。

ここまでが中古車輸出業の一連の流れになります。
最初の中古車輸出が無事に終わりましたら、続いて次の海外バイヤーとメール、商談を進め、2台目、3台目と中古車輸出していきます。

少し駆け足でみて参りましたが、以上が中古車の輸出の主な流れになります。

特に、中古車に関する専門知識が必要なわけではありません。
中古車の下に潜り込んでエンジンの整備することもありません(3Kの仕事ではありません)。
自分で車を移動する必要もありません。
港まで出かける必要もありません。
輸出手続きも電話1本、FAXなどで出来てしまいます。
海外バイヤーとのやり取りも主にメールで出来てしまいます。
車の在庫を抱える必要もありません。
自宅の片隅、パソコンやスマホ、インターネットだけで出来てしまいます。
特に車に詳しくなくても、男性でも女性でも、年取っていても若くても、どなたにも出来てしまう仕事、それが中古車輸出業です。

こうして今、このページをご覧になっているあなた、中古車輸出業というビジネスに少しでもご興味をお持ちになって下さっているあなたならば何の問題もなく始められます。
ぜひ、ここで出会った、このチャンスをモノにされてみてください。

中古車輸出業のことがよくわかる無料カタログ資料を、本サイトにログインされた方(ログイン無料)に無償で公開しています。

※中古車輸出業のスタートを検討中の方は、まずは無料カタログ資料をご覧ください。(→ログインして無料カタログ資料を閲覧する。)


さて、あなたが具体的に中古車輸出業を始めるには、どうしましょうか
答えは二通りあります。中古車輸出業の実務講座を受講する中古車輸出に特化したホームページを制作するか、あるいはその両方かです。


中古車輸出業に特化したホームページ制作: 280,000円+消費税
+海外バイヤー情報3ヶ月分が付きます: 317,000円+消費税
+海外バイヤー情報6ヶ月分が付きます: 326,000円+消費税
+中古車輸出業の実務講座(講座に海外バイヤー情報6ヶ月分付属): 550,000円+消費税

プラン:

中古車輸出に特化したホームページ英語版と日本語版がセットになった中古車輸出業をはじめる人のためのホームページ)のお申込みは、こちらのショッピングカートよりお申込みいただけます。

お申込み前に、本サイトにログインしてよくわかる中古車輸出業のカタログ資料(ログイン無料)をご覧になれます。(→無料の会員登録してログインする。)

中古車輸出教材の中古車輸出業の実務講座は、こちらの中古車輸出業の実務講座サイトよりお申込みいただけます。

言われた通りに、英文・和文のホームページを作ってもらったのは良いけれど、輸出のやり方がよくわからない

「中古車輸出に特化したホームページ制作」を申し込まれた方、ご希望者全員の方に、お申込時に当社関連サービス「中古車輸出業の実務講座」専属講師が書いた「中古車輸出の簡単な流れ」と「輸出時に必要な輸出書式テンプレート一式」を差し上げています。はじめのうちは、こちらの書類を参考に中古車を輸出されるほうが宜しいかもしれません。特に重要な中古車輸出の方法、それに必要な輸出書式テンプレートが含まれています。

これで出来上がったばかりのあなたの中古車輸出に特化したホームページ経由にて、海外バイヤーから中古車の注文が届いたとしても一安心ですね。
さらにオプションで海外の顧客を多数紹介するサービス(海外バイヤー情報)もご用意しています。

「中古車輸出業の実務講座」専属講師が書いた かんたんな中古車輸出方法の流れ&中古車輸出書式テンプレート一式だけでも、中古車輸出に特化したホームページをお持ちになった御社ならば十分に中古車輸出ができるはずです。

はずですが、
さらに基礎的な部分からしっかり中古車輸出を学んでおきたいというあなたには、当社関連サービス「中古車輸出業の実務講座」も同時に受講されることをおすすめします。

中古車輸出に特化したホームページと中古車輸出業の実務講座を同時に申し込むプラン(プロフェッショナルパックプラン)だと、それぞれのサービスを別々に申し込むより3万円もお得です。
しかも海外バイヤー情報の無料閲覧権限が6ヶ月分も付いてきます。

【文中注】
さらに、中古車輸出の方法についても基礎的なことから順番に学びたいという方には、中古車輸出業の実務講座も同時に申し込まれることをお奨めしてしまいましたが、基本、中古車輸出に特化したホームページのみ、もしくは中古車輸出に特化したホームページ+海外バイヤー情報で申し込まれるのでも大丈夫かと思います。

はじめは、中古車輸出に特化したホームページと当社講座専属講師のかんたんな輸出マニュアルのみでスタートされてみるのでも宜しいかと思います。

中古車輸出をスタートされて、その後どうしてもわからない箇所があるなどが発生した場合のみ、後日追加で中古車輸出業の実務講座を受講されるのでも遅くはないとは思います。

※但し、同時申込ではなくなりますので3万円の割引は対象外になります。予めご了承ください。

以上

中古車輸出業のことがよくわかる無料カタログ資料を、本サイトにログインされた方(ログイン無料)に無償で公開しています。

※中古車輸出業のスタートを検討中の方は、まずは無料カタログ資料をご覧ください。(→ログインして無料カタログ資料を閲覧する。)




  1. まずは中古車輸出に特化したホームページをお持ちになる。
  2. 海外バイヤー情報を利用して、海外バイヤーとコンタクトを取り、車の受注をする。
  3. 中古車インターネットオークションに入会し、車を仕入れる。
  4. 付属の中古車輸出テンプレートの通りに中古車輸出する。
  5. 中古車輸出に関する不明点がある場合のみ、中古車輸出業の実務講座も受講する。

いずれの流れにしても、まずは決断して中古車輸出業をスタートさせるということこそ重要でしょう。あなたより少し前に始められた受講生の中古車輸出業の体験記を以下にご紹介します。

受講生の声(Nさん)

お世話になっています。
受講生のNです。先日は、ご連絡頂き有難うございました。

近況報告です。
今年の春頃からやり取りをしている南米のバイヤーとは、おかげさまで毎月8台位を出せるまでになりました。
始めは一台ずつからのスタートでした。
この夏には、合わせて1ヶ月15台の車を輸出しましたが、仕入れに忙しくて結構大変でした。
最初は、もたもたして時間がかかっていた輸出書類も、今ではすっかり慣れました。

自分で送った車が現地に届き、バイヤーが喜んでくれているメールが届くのは、何とも嬉しいものです。
中には、ちょっとしたクレームもありましたが、そのバイヤーさんとも今では、もうすっかりメル友状態です。確かにバイヤーさんとの出会いが全てですね。

せっかく慣れたので、できれば、同じ国でも、もう一人バイヤーが欲しいと思い、今必死でバイヤーを探して営業しているところです。

講座にもあるように、他の国への輸出も常に考えておかなくては、とは思っています。

何とか頑張っています。
今後とも宜しくお願いします。

*カタログ資料「よくわかる中古車輸出業」(無料)より抜粋

中古車輸出業のことがよくわかる無料カタログ資料を、本サイトにログインされた方(ログイン無料)に無償で公開しています。

※中古車輸出業のスタートを検討中の方は、まずは無料カタログ資料をご覧ください。(→ログインして無料カタログ資料を閲覧する。)

受講生の声(Yさん)

いつもお世話になります。

昨年の3月頃、「中古車輸出業の実務講座」を受講させてもらいました。
受講してすぐは、毎日届くバイヤーさんに片っ端からメールしてみました。
仕事が休みの時や、夜の空き時間でのメールでしたので、結構大変でした。
今は、ケニヤ、ウガンダ、ザンビアなど、アフリカが中心です。

自分にはアフリカのバイヤーさんとのコミュニケーションが合っているようです。
為替のお陰か、まだまだ、需要はありそうです。
最近、自分の車までオークションで新しく買い換えれたぐらいです(^O^)

他のアフリカのマーケットも考えているところなのですが、
今はどの辺りが良さそうだと思いますか?
ケニヤやウガンダが中心なので、今度はアフリカの反対側辺りもTRYしてみたいなと思ってます。

なにか良いアドバイスがあれば教えて頂けると幸いです。
今後とも宜しくおねがいします。

*カタログ資料「よくわかる中古車輸出業」(無料)より抜粋

中古車輸出業のことがよくわかる無料カタログ資料を、本サイトにログインされた方(ログイン無料)に無償で公開しています。

※中古車輸出業のスタートを検討中の方は、まずは無料カタログ資料をご覧ください。(→ログインして無料カタログ資料を閲覧する。)

最後に、私(三橋宣男)より、これから中古車輸出業をはじめられるあなたへのメッセージを記します。

追 伸

中古車輸出とはどんなものか、想像したことがありますか?

海外旅行、特にアジア、アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア、南米などを
旅した方なら、現地で走り回る日本の車を多く目にしているはずです。

新車で輸出されたものもありますが、中古車として輸出されたものも、少なくありません。

サブプライムショック以前は、例年前年比を上回る勢いで輸出台数が伸びていましたが、
サブプライムショック以後は、ロシアと一部南米のマーケットの不調が重なり、
最悪期には輸出台数は、ほぼ半減しました。

2008年が130万台、ショック直後2009年が70万台、差額の60万台のうち、
50万台はロシアの減少分で、実質的にはわずか10万台ほどの減少ということです。

それから数年…

今年に入っても、輸出好調の国が多く、130万台を大きく上回る勢いです。
そうなれば、ロシアの10万台程度は、差額の40万台は、世界規模での実質増です。
リーマンショックによる減少傾向は、完全に終わったというのが実感です。

中国の経済も、インドの経済も、まだまだ好調は好調のようですし、
心配していた南米も、回復基調です。

先日、ケニア、ウガンダ、タンザニアと視察に行って来た組合の役員の話も、
アフリカ諸国の健闘振りをうかがわせます。

さらには、オーストラリアの中古車、巨大市場が開きます。

日本のマスコミと、韓国のマスコミは、世界的に程度が低いので有名ですが、
このマスコミの影響で、純真無垢な国民は、すっかり洗脳されきってしまいました。

昭和二十年八月、
数十万といわれる、戦前に逮捕されていた共産党員がGHQにより釈放されました。
それらの共産党員が、大挙してマスコミや教育界になだれ込んできました。
マスコミでは、朝日、毎日、NHK、共同通信、教育界では日教組の母体になったのです。

これらの件については、また書くこともあるかと思いますが、
このような連中が、コミンテルンの陰謀とも知らずに、
日本の国の力を弱体化させるために、マスコミ界、教育界で大活躍しています。

私は、日本の国土も、純真で心優しい国民の資質も、大好きな愛国者ですが、
残念ですが、ここ数十年で、中国や他のアジア諸国の後塵を拝する事になるでしょう。

しかし、日本がどんな状態になっても、
世界のマーケットで活躍できるだけの実力を持った貿易商が、
育って欲しいというのが、私の心からの願いです。

幸い、私が手がけた中古車の輸出というビジネスは、
世界中の需要が、非常に強いビジネスです。

韓国の車も、新しいうちは外見はきれいですし、値段も安いので、
そこそこ人気はあるようですが、3年、5年と乗っていると、
日本の車とは、格段の差が出てきます。

日本の中古車には、職人根性が生み出した、
ねじ一本、ビス一本に、魂を込めたモノづくりの真髄が、息づいています。

世界のどの車にも負けることはありません。

日本国内の好不況に左右されない、
国際的なビジネスを目指してみる気はありませんか?

私が元気なうちは、全力でお手伝いいたします。

中古車輸出業のことがよくわかる無料カタログ資料を、本サイトにログインされた方(ログイン無料)に無償で公開しています。

※中古車輸出業のスタートを検討中の方は、まずは無料カタログ資料をご覧ください。(→ログインして無料カタログ資料を閲覧する。)

さらに、ご興味のある方は

まず

  1. こちらからログインしてよくわかる中古車輸出業(無料)をご覧になって中古車輸出業を知る。無料です。
  2. こちらの無料登録ページにてログイン用のアカウントを発行する。無料です。
  3. 中古車輸出に特化したホームページの制作申込みしていただく。
  4. その際に海外バイヤー情報サービスにも申込む。
  5. 海外バイヤーとメールでコンタクトを取り、中古車の受注をする。
  6. 中古車輸出テンプレートに沿って、中古車の輸出をする。

これから中古車輸出業をスタートされるあなたには無限の可能性を秘めています。1~6の流れに沿って中古車輸出業をスタートされてみて下さい。

また、横浜貿易株式会社では中古車輸出業をはじめるあなたを応援しています。
まず中古車輸出に特化したホームページをお持ちになってスタートするか、それとも中古車輸出業の実務講座を受講して中古車のABC、一から順番にはじめられるか、どちらでも構いません。

何からはじめたらいいかわからない。ならば、下記より中古車輸出に特化したホームページの制作申込みすることからはじめてください。


こちらから中古車輸出に特化したホームページの制作申込み下さったあなただけに

  • 「中古車輸出の簡単な流れ」
    「輸出時に必要な輸出書式テンプレート一式」

    著 中古車輸出業の実務講座サポート講師陣
  • 中古車輸出で起業したけど、狙いは海外バイヤーだけじゃない!
    「中古車の国内バイヤーもGET!国内向けにはじめる車屋さん」
    著 横浜貿易株式会社

を心ばかりのプレゼントとして差し上げます。

  • まずは今すぐこちらから中古車輸出に特化したホームページの制作申込を済ませてください。
  • ※本サイトから申込まれた方限定のプレゼント特典です。
    プラン:
  • プレゼント特典は、お申込み後すぐにお知らせする海外バイヤー情報ページにログインして頂きますと、
    そちらのページからご覧いただけます。




末筆になりますが、既に中古車輸出業をはじめられた方から寄せられた声を思いつくままに並べてみました。
思い当たるものがあったら、あなたも中古車輸出業デビューしてみてはいかがでしょうか。

中古車輸出業であなたが得られるメリット100

  1. 中古車輸出に取り組むあなたのリスクを最小限に
  2. 横浜貿易株式会社にしかないユニークな講座
  3. ケースバイケースの電話での丁寧な指導
  4. 英語の不安を解消
  5. 実務経験豊富な講師陣
  6. 新しいビジネスを知ることになる
  7. 業界の裏側を知ることができる
  8. かなりの利益が期待できる
  9. 開業に向けての実践講座
  10. 一般では入手できないような中古車輸出の資料が手に入る。
  11. オリジナルな日英のウェブサイトをつくってもらえる
  12. 海外バイヤー用の英語の中古車輸出に特化したホームページを持てる
  13. と同時に国内バイヤー用の日本語・中古車ホームページも持てる
  14. フレッシュな「海外バイヤー情報」が手に入る
  15. 基本的な教材なので応用が利く
  16. 外国人と友人になれる
  17. 外国人とやり取りができる
  18. 場所を選ばずに開業できる
  19. 副業でも取り組める
  20. 在庫を持たずに取り組める
  21. 駐車場も持たずに取り組める
  22. 世界標準のWordpressシステム利用のオリジナル中古車輸出に特化したホームページを制作してもらえる
  23. 出来上がったホームページには、いつでもどこでも自由に好きな車輌を掲載できる
  24. 自宅で開業できる
  25. ホームページ掲載の在庫車輌を簡単に在庫管理できる
  26. 自由な時間に仕事ができる
  27. 出来上がったホームページの掲載内容を、いつでもどこでもご自身で簡単に編集、変更できる
  28. 災害に遭っても、避難所暮らしでもスマホがあれば仕事ができる
  29. マーケットが世界規模である
  30. 子育てしながらでもできる。
  31. 通信講座なので通学の必要がない
  32. 受講料、制作費用は佐川急便のe-コレクト、PayPal決済できる
  33. クレジット払いならば分割払い、リボ払いにもできる
  34. 自宅の引越、事務所移転などの際、ホームページ掲載中の住所などを自分で変更できる
  35. 仕事は世界中どこにいてもできる
  36. 中古車オークション会場を紹介してもらえる
  37. 日本中古車輸出業協同組合に紹介してもらえる
  38. 新規参入でも業界にパイプができる
  39. 輸出にかかる経費と価格計算が学べる
  40. 普通の人が入れない保税地域、輸出船舶に入れてもらえる
  41. 中古車の相場がよくわかる
  42. 国内での中古車販売も可能
  43. オークションの売買代行のビジネスができる
  44. 輸出代行のビジネスができる
  45. オークションに入会するとおいしい昼食が無料で食べられる
  46. 普段乗れないような高級車や珍しい車を自由に触り、乗り降り、エンジンチェックなどが自由にできる
  47. 定年のない仕事で、特に体力を使うわけではないので一生楽しみながら仕事ができる
  48. 身体に障害のある方でも充分できる仕事
  49. 車から発展して、パーツ、修理、タイヤ、建設機械、農業器具、バイク、など周辺ビジネスの拡張性が高い
  50. 車とその周辺のビジネスに詳しくなれる
  51. 世界の経済情報、事情に敏感になれる
  52. 国際的な視野でものが見えるようになる
  53. いわゆる3K(キタナイ、キツイ、キケン)の仕事から脱出できる
  54. 茶髪や服装などが自由である
  55. 生きた語学を学ぶよい機会である
  56. 世界の地理に親近感を持ち詳しくなる
  57. 自分の国をよく知るチャンスになる
  58. 日本がつくづくよい国だと思えるようになる。
  59. 自分の性格、本質を思い知らされるチャンスである
  60. 日本の中古車は日本にしかない、かけがえのない我が国オリジナルの商品である
  61. 自分の力でマーケットの開拓ができる
  62. 商品を自分で選んで自分で売り、ビジネスを自由に組み上げることができる。
  63. インターネット環境さえあればどこでも仕事ができる
  64. 日本全国、都会でも、過疎地でも仕事ができる
  65. 性別、年齢に関係なくできる。
  66. 企業で取り組むより、一人で取り組む方がむしろ有利である
  67. 一人で起業し、一人で継続してゆける
  68. トヨタなど大手有名自動車メーカーの商品なので多くの商品説明がいらない
  69. 受講後、制作後は特に会費などがない
  70. 中古車オークションはインターネットで自宅に居ながら仕入れが可能
  71. 海外の実需の基づく需要の確実な商品である
  72. 全くの素人でも短期でしごとが可能である
  73. 船積みなどの知識が学べる
  74. 世界規模の環境の改善に貢献できる
  75. 仕入れ時に掛かった消費税の還付が受けられる
  76. リサイクル券の還付が受けられる
  77. 世界各国のマーケットに詳しくなる
  78. 為替の動きにも敏感になる
  79. 車好きのあなたにはうってつけの仕事
  80. いろいろな車に現実に接することになるので興味は尽きない
  81. 世界の港や船の情報に詳しくなる
  82. 福祉車両や医療用車両、救急車両など車輌全般を低開発諸国に送り国際社会貢献できる
  83. 世界各国の車や交通事情に詳しくなる
  84. 自らのキャリアーアップになる
  85. 海外旅行のチャンスが増える。
  86. 海外旅行も兼ねて仕事ができる
  87. 自分や知り合いの車を中古車オークションで安く買ってあげられる
  88. 短期間で車のプロになれる
  89. 日本人でなくともできる
  90. 輸出書類の方法を電話、メールで教えてもらえる
  91. 輸出書類の代行もしてもらえる
  92. 乙仲など輸出関連業者の情報をもらえる
  93. 25年間の輸出実務経験に根ざした指導が受けられる
  94. 25年に及ぶ受講生の指導経験に基づいた指導が受けられる
  95. 著者は日本中古車輸出業協同組合の創業以来の役員として関与し続けた経験から、この業界の表裏を知り尽くしている。
  96. 完全に横浜貿易株式会社から独立して貿易商として自立できる
  97. 受講生が中古車輸出業の開業後は、横浜貿易株式会社への代理店契約も手数料も一切いらない
  98. 開業後は一切自由に中古車輸出業の貿易をしてもらえるシステム
  99. 国内の中古車販売店は、オリジナルの英文ホームページを持つことによりすぐにでもこのビジネスに参入できる
  100. ホームページの在庫管理、車輌掲載がサイト管理ページから簡単にできるシステムを導入
  101. 受講検討に当たっての詳細なカタログ資料などを全て無料でもらえる
  102. 毎日、フレッシュな「海外バイヤー情報」を見ることができる
  103. 海外に友人を持つ楽しみを知ることができる
  104. 海外とのビジネスを経験することにより国際的な人間として成長できる
  105. 車の保障に関して、海外バイヤーは日本人ほどうるさくはない
  106. 日本の景気にあまり左右されない
  107. 新しいマーケットが開ける可能性を常に秘めている
  108. 開けた新しいマーケットは大ブレークする可能性が大いにある
  109. 通信講座だからいつでも都合のよい時に都合の良い勉強方法がとれる
  110. 一般の書店などでは手に入らないようなプロ用の資料が手に入る
  111. 語学を生かしたい人には最適、非常に天井の高いビジネス

いかがでしょうか。
こうしてみると、この中古車輸出業こそ、これからのグローバル社会に生きる私達にとって最適なインターナショナルビジネスなのではないでしょうか。
体の内から外からもこれから中古車輸出業をはじめようと意欲あふれる、あなたからのお申込みを心より歓迎いたします。

[:]