Read in ENGLISH

中古車輸出早わかりガイド

中古車輸出早わかりガイド
こちらのページでは、中古車輸出がどういうものなのか、まだ中古車輸出のことを全く理解していない方などに、中古車輸出の概略をうーんと簡潔にまとめてご説明しています。それぞれの項目の流れ、詳細については右メニューの「中古車輸出とは」の各項目をご覧下さい。

1. まず、あなたが中古車輸出したいと思う国、マーケットを特定します。

現在、わりと多く日本から中古車輸出されている国といえば、ニュージーランド、オーストラリアなどのオセアニア諸国、イギリス、ロシア、アイルランド、キプロスなどのヨーロッパ諸国、ケニヤ、ウガンダ、タンザニア、ザンビアなどのアフリカ諸国、スリランカ、バングラディシュ、マレーシア、シンガポール、アラブ首長国などのアジア湾岸地域、ジャマイカ、トリニダッドトバコ、グレナダなどのカリブ諸島、ペルー、チリなどの南米諸国などが主に多くの中古車が日本から輸出されているところでしょうか。ほかにもカナダ、アメリカ、パプアニューギニアなど世界じゅうの殆どの国に日本の中古車は輸出されています。

2. 中古車輸出したいと思う国、マーケットが決まったら、その国の中古車バイヤーに営業します。

world次にそのマーケットのバイヤー達に、あなたの存在と意図を知らせなくてはなりません。まず、よく使う手は、その国の商工会議所に手紙、FAX、メールなどでバイヤーの紹介を依頼すること、または各商工会議所の会員宛の刊行誌などにあなたの名前と取引の意思を掲載してもらうことです。幸いどこのマーケットでも日本の中古車に対する需要は旺盛ですので何らかの反応を期待できます。

英語で制作された中古車販売用ホームページを持って、海外の検索エンジンなどにも登録して、海外の人たち、あなたが中古車輸出しようと思っている国の中古車バイヤーに広くアピールする。

当海外マーケット研究会の有志メンバーの一人が運営されている「中古車輸出業の実務講座」では、受講された受講生がスムーズに開業できるように、毎日自社に届く海外バイヤーからの中古車オファーをそっくりそのまま受講生に提供していたり、受講生の販促用、英語の中古車販売用ホームページをデザインから制作してあげるサービスを提供しているようです。こういったサービスを賢く利用されてみるのも、ひとつの手でしょう。

参考・中古車輸出業の実務講座ウェブサイト
http://www.bzschool.jp/

3. 中古車輸出したい国、マーケット、バイヤーが決まったら、いよいよどんな車を探しているかを探る。

まず、先方のマーケットで右ハンドルの日本の車が輸入できるかどうかを必ず確認してください。(国によっては左ハンドルの車しか輸入できない国々も多数あります)次に規制の多い、年式、車の型式、トランスミッション(オートマ、マニュアルなど)、燃料(ガソリンかディーゼル、軽油など)、車体の色などをバイヤーと確認します。そして、その車をいくらで販売するのかの車体価格、輸出国までの船賃、その他の経費など値段についてバイヤーと商談します。出来れば同一マーケットで複数のバイヤーと交渉できることが望ましい。

4. 輸出先で探している車が日本のマーケットで仕入れやすいのかどうかを確認する。

現在、日本の国内では数多くの中古車オークション会場が開催されています。それら中古車オークション会場での落札結果を掲載した雑誌、オークションサイトなどもあちらこちらに見かけるようになりました。そのような情報を活用して当該マーケットの分析は可能なことでしょう。その後、実際にそれらの車を仕入れるつもりならば、いくら中古車オークション会場への入会は難しいとはいえ、やはりどこかの中古車オークション会場には入会しておかなければならないでしょう。

当海外マーケット研究会の有志メンバーの一人が運営されている「中古車輸出業の実務講座」では、中古車オークション会場と特別の契約をしており、講座をちゃんと受講された方には、店舗と展示場が無ければ入会できないところを、自宅隅のPCデスクと自動車一台分の駐車スペースで入会できるよう配慮されているようですので、こういったサービスを賢く利用されてみるのも、ひとつの手でしょう。

参考・中古車輸出業の実務講座ウェブサイト
http://www.bzschool.jp/

4. 商談がまとまり車の仕入れが済んだら、船積みの手続きを行う。

PROFORMA/INVOICEでお互いに取引の確認し、支払いの諸条件を確認して、船腹の予約をし、乙仲に通関業務の委託をします。中古車オークション会場からあなたが落札した車は、陸送会社などに依頼して、乙仲が通関業務を行えるように港に移動します。

5. 支払いの確認をしてB/L(船荷証券)をバイヤーに送る。

乙仲が通関業務を完了しました。車は港で船に積まれました。車を載せた船は、相手の輸出国に向けて日本の港を出航しました。そうすると乙仲は、その車のB/L(船荷証券)をあなた宛てに3通送付してくれます。一部は、輸出先の国にいるバイヤーの方に航空便で送ってあげましょう。あなたのバイヤーは、そのB/L(船荷証券)にて原地に届いた車を受け取ることになります。

バイヤーの支払いの確認とB/L(船荷証券)をバイヤーに送るタイミングは、微妙に連動しており、タイミングによっては、原地のバイヤーがせっかく届いた車を受け取れないという状況もあり得ます。また逆に、B/L(船荷証券)を送るタイミングが悪く、あなたがバイヤーからの支払いを取りっぱぐれることもあり得ます。お金が絡んでいますのでタイミングが非常に難しいところです。

当海外マーケット研究会の有志メンバーの一人が運営されている「中古車輸出業の実務講座」など中古車輸出を教えてくれるサービスがいくつかありますので、全く初めて中古車輸出されるという方は、こういったサービスを利用されて、事前にしっかり知識を得ておかれるほうが、目先の受講費用よりも後々大きなトラブル、損害に会わないためにも安心でしょう。

参考・中古車輸出業の実務講座ウェブサイト
http://www.bzschool.jp/

中古車輸出ビジネスの流れを、概略だけ追って簡潔に説明すると以上のようになります。

※それぞれの項目の流れ、詳細については右メニューの「中古車輸出とは」の各項目をご覧下さい。