中古車の輸送方法(RORO船/コンテナ船/その他)
日本からの中古車輸出は、港から船、空港から空輸など様々な方法がありますが、主に一般的に多く利用されている輸送手段としては、自動車専用船(RORO船)もしくはコンテナ船にて輸送されています。輸出先国や輸出する際の車輌台数、輸送コスト(費用)などにより最も適切な輸送方法を選んで中古車輸出します。

→RORO船
RORO船とは、船尾や船首などにランプウェーとい呼ばれるゲートを備えており、そのゲートから自動車が自走で船内に入り格納される船のことです。RORO船がスケジュールされている国々に中古車を輸出する場合は、輸出台数が多いなど特別な事情がない限り、RORO船で輸出するのが最も費用を抑えられ効率よく輸送できる手段です。

roroship

RORO船のなかでも車輌をもっとも効率よく輸送するために特別に設計、開発された船のことをPCC (Pure Car Carrier)と呼ばれます。

→コンテナ船
中古車の輸出では、輸出先国によってできるだけRORO船がスケジュールされている国々へは、RORO船で輸送されるのが一般的ですが、一度に何台もまとめて輸出したい、輸出先国への船にRORO船がスケジュールされていないなど特別な事情がある場合にコンテナ船で輸送されます。
コンテナ船で中古車を輸送する場合、車輌をいったんコンテナの中に詰め込んでから、詰め込んだコンテナ毎、コンテナ船に積載して輸送します。

containnership

車輌の大きさにもよりますが、20ftコンテナで車輌一台、40ftコンテナでは三~四台分の車輌を積載可能です。ランドクルーザー、ハイエースなど天井高の高い車輌を積載する場合、40ftコンテナのみですがハイキューブコンテナという天井高の高いコンテナに積載します。RORO船だと車輌一台ずつしか輸送できませんが、一個のコンテナで一度にまとめて台数を輸送できるので、まとめて輸送する場合には輸送コストを抑えられる場合があります。
輸出先国のバイヤーとも相談しながら上手に使い分けてみて下さい。

一回に一台しか運べない20ftコンテナは、主に高級車(ポルシェ、フェラーリなど)や特別の限定モデルを輸送する場合に大切にコンテナの中に格納してから輸送されます。コンテナの中にフレームを組んでしっかり格納することで、RORO船のようにむき出しの状態で輸送されるよりも輸送時の揺れによるキズや車輌に装備された製品等の盗難防止にもなります。コンテナ船での輸送は、日本の港でコンテナのゲートを閉めた後はロックされ、そのまま輸出先国のバイヤーの元まで輸送されます。バイヤーの手元に到着するまでの間、ロックされたコンテナのゲートが開くことはありませんので、知らない第三者にコンテナ内の車輌を触れられることもありませんので安心です。
そのため主に高額車輌を輸送する場合に、輸送コストは割高になってしまいますがセキュリティ上の理由から利用されることが多いです。

その他の輸送方法
上記二方法以外に、主に日本海側のエリアでは、ロシアからきた材木船が材木を荷下しした後の帰りの便に中古車を積載して輸送する場合もあります。また、韓国向けなどの輸送では、大阪や博多、下関から出ているフェリーに積載して輸送されることもあります。

train

他の輸送方法としては、モンゴルなどの内陸の国への輸送では、いったん日本から中国の港まで輸送され、その後中国の港から貨物列車に積載されて輸送されていく場合もあります。