主な中古車輸出先国
日本から輸出される中古車は、世界じゅうのありとあらゆる国々に輸出されています。日本の中古車、自動車は、ご存知の通り主に右ハンドル車が多く普及しています。世界の国の中で左ハンドル車を採用している国の中には、右ハンドル車を輸入することを禁止している国々もあります。そういった国々の場合でも、日本にある輸入車で左ハンドル車のものを輸出しています。最近では、日本の車屋さんの修復技術の高さで右ハンドル車を輸出前にわざわざ左ハンドルに変更して輸出することも多くなってきました。

carexportmap

日本から輸出される中古車は、世界のあらゆる国々へ輸出されています。

日本と同じに、イギリス方式の右ハンドル車が採用されている国々は、オーストラリア、ニュージーランドなど世界にいくつかあります。これらの国々へ日本から中古車輸出する場合は、輸出先国も日本と同じ右ハンドル車がメインで走っている国々ですので、一般的にハンドルのことを気にせずにまったく問題なく輸出できます。

逆日本とは逆に、アメリカ方式の左ハンドル車が採用されている国々は、アメリカをはじめロシア、ケニア、韓国、中国など世界にいくつかあります。右ハンドルの国々よりも却って多いぐらいです。これらの国々へ日本から中古車輸出する場合は、輸出先国が日本と逆の左ハンドル車がメインで走っている国々ですので、ハンドルにも少し気を配って輸出してあげる必要があります。かつては、日本にあるベンツやBMWなどの左ハンドル車限定で輸出していました。最近では、右ハンドルの車でも日本の車屋の高い技術でハンドルの位置を左側に変更して輸出していたりもします。

日本からの中古車輸出は、このように世界のマーケットに合わせていろいろな場合があります。

以上のように世界のマーケットによっては、右ハンドル、左ハンドルによって輸出できる国と出来ない国が存在しますが、ほかにも現在のアフリカではトヨタ車が人気あるとか、南米では日産車が人気あるなど車種によるバイヤーの希望もあります。また人気がない車種でも、その国では壊れたときのスペアーパーツが入手しやすいからそのメーカーの車種にしてくれ、その国での販売価格が安い高い、使用後の売却時の価格が高く買い取ってもらえるなど理由はバイヤーによって様々です。

また、日本でも右ハンドル車が主流で走っていますが、たまに左ハンドル車が走っているのを見かけることがあるように、ほかの国でもその国の主流の向きのハンドル車と逆の向きの車を乗られている方もおりますので、必ずしも左ハンドル車でなければ、その国に輸出できないというわけでもありません。

※国によっては、完全に右ハンドル(左ハンドル)車を輸入禁止にしている国もあります。

イギリス、アイルランドなど先進国では、スカイライン、RX-7などスポーツカーが人気あるなど、輸出先国のマーケットによって車種、ハンドルの傾向傾向も様々です。中古車輸出される際には、バイヤーとよく相談して中古車を選択されるようにして下さい。

【主な輸出先国】

エリア 国名
アジア バングラディシュ、パキスタン、スリランカ、香港、モンゴル、マレーシア、フィリピン、UAE、シンガポール、ミャンマー、その他多数。
アフリカ ケニア、ウガンダ、タンザニア、ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ、レソト、ナミビア、モザンビーク、コンゴ民主共和国、スワジランド、モーリシャス、その他多数。
オセアニア オーストラリア、ニュージーランド、パプアニューギニア、フィジー、その他多数。
アメリカ チリ、ペルー、ボリビア、パラグアイ、ガイアナ、スリナム、カナダ(バンクーバー)、アメリカ、その他多数。
カリブ諸国 バハマ、ジャマイカ、トリニダード・トバゴ、バルバドス、ドミニカ、ドミニカ共和国、ケイマン、セント・ビンセント、その他多数。
ヨーロッパ ロシア、イギリス、アイルランド、キプロス、マルタ、その他多数。

これらの国々は、あくまで主に中古車輸出されている国のほんの一例です。
ここに記された国以外に中古車輸出ができないわけではありません。ここに記されていない国々のバイヤーとも積極的にコミュニケーションを取られてみて、ご自分でも新たな国への中古車輸出を開拓されてみて下さい。

また「中古車輸出の海外マーケット研究会」では、定期的に日本からの月別輸出状況を国毎に分けて掲載しています。こちらのページ を中古車輸出の情報収集のために定期的にご覧になられることをお奨めします。