中古車輸出に必要な資格/免許
中古車輸出をはじめる上で必要となる免許/資格で必ず必要となるものは、古物商免許だけです。ほかには特に必要となる資格/免許はありません。

中古車輸出をはじめるのに必要な古物商免許とは、いわゆるリサイクルショップなどが所有しているあの古物商資格とまったく同じものです。中古車輸出は、中古車を海外に輸出するビジネスですから、中古車を取り扱うので「古物商免許」が必要になってくるわけです。
古物商免許は、あなたがこれから中古車輸出をはじめる場所、オフィスなどのある所在地を管轄する最寄りの警察署に行けば取得できます。警察署の防犯係にて古物商免許の申請手続きをします。よっぽど悪いことを過去にしていたなど古物商免許の欠格事由に該当しない限りは、申請をすればだいたい1ヶ月以内で許可され取得できます。法人、個人どちらでも申請できますが、個人の方でも屋号などを付けて法人で申請されるほうが今後、中古車輸出の活動をしていく上でも便宜でしょう。

警視庁・古物商申請ウェブサイト
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

※警視庁の古物商申請される際の説明サイトです。取得、申請の際の参考にご覧下さい。

※税関で輸出申告する際の必須条件ではありません。

日本国内で中古車の仕入れ、買取り、売却をする際には例え輸出目的であっても古物商の許可(申請)が必要です。インターネット上で中古車オークションサイトを運営する場合には、追加で古物競り斡旋業の届出も必要になります。

そのほか特に資格/免許として必ず必要というわけではありませんが、中古車輸出をはじめる上で、実質的にビジネスとして運営していくのにあったら便利なもの、通関書類や輸出する車輌を仕入れるための中古車オークション会場の会員資格、輸出入者標準コードなどを以下に列記しておきます。

中古車オークション会員資格
取得方法など詳細は こちら

輸出入者標準コード
取得方法など詳細は こちら

インボイス
取得方法など詳細は こちら

パッキングリスト
取得方法など詳細は こちら

B/L(船荷証券)
取得方法など詳細は こちら

輸出抹消登録証明書
取得方法など詳細は こちら

船積前検査証明書
取得方法など詳細は こちら