ヤマト運輸、ドライバーの業務負担を軽減する新型保冷車を開発

GOO業界ニュース

ヤマト運輸は、夜間電力で蓄電が可能な蓄冷板を活用することでクール宅急便の車載保冷スペースを保冷できる新型車両を7月から順次導入を開始した。
{$excerpt:n}

ヤマト運輸、ドライバーの業務負担を軽減する新型保冷車を開発
Source: GOO業界ニュース